「ペットちゃん」という言葉を
生んだいきさつ

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペットちゃんとありのまま記             2002/1/1 創刊号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
このたび、初めてメルマガを発行することになりました。
登録お申込みいただきましてありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。
.................................................................
今回のテーマ
「ペットちゃん」という言葉を生んだいきさつ    おおもと
.................................................................

「えッ@@こんなにたくさん?!ど〜してェ!!」
先月23日の日曜日の朝、おおもとはパソコンに向かい、Google検索画面で仰天。
検索した「ペットちゃん」がなんと10ページも…。

…沈黙。……困ったナ!複雑だっ。…沈黙。…苦笑^^; …いいじゃん!^^
この心理を想像してください。

この「ペットちゃん」という言葉は、実は、おおもとが2年前の春に、考案し、
申請したものである。受理したのが平成12年3月10日であった。

とはいえ、著作権申請に相談したものの、なんせ20万30万かかるといわれ、
途方に暮れ、貧乏だったので、あきらめたいきさつがあった。
まだ、ペットシッターのホームページがなかった頃の話。

ある日、営業マンである夫に聞いてみた。
「ねェ、お客さんのペットのこと、なんで呼んでいるの?」
「ワンちゃんネコちゃん」
「ずいぶん長ったらしい言葉ね。ワンちゃんネコちゃんかぁ」
「……。」

おおもとは考えた。もっと短くてわかりやすい言葉がないかなと。
ふっとリビングの窓の外へ目をやり、カーテンに手をあてながら
考えていたのを覚えている。

「ペット…。ペット、ちゃん…ペットちゃん!ペットちゃんだ!
これいいわァ。ペットちゃんなら、お客様の尊敬語として使える!
ねェ、ペットちゃんってどう?」

「いいね。可愛い言葉だね。」夫と娘が賛成してくれた。

また、ペットシッターの開業名を考えていた。頭ひねって考えた。
「ペットだから、留守番…。当番…。ペットに留守番。一番。商売繁盛する
には、名前の最後に『ん』で終わるのが良いと聞いたことがあるナ。」

「…ペット、ば・ん!そうだァ!ペット番!ペット番だ。PETBAN!」
こうしてペットシッター開業名が「ペット番」と決まったのであった。

よしッ。これで決まり。申請するのはこの2つ。
「ペット番」「ペットちゃん」を知的所有権協会へ申請し、登録した。
費用が1つ2000円で、4000円払った。

平成12年3月10日に受理された書類が返って来た。
「ペットちゃん」第151678号
「ペット番」  第151677号
(注:知的所有権協会連絡先 電話03-3360-5644)

ペット番のホームページを立ち上げたのは、平成12年11月だった。
この時の最初のページに「ペットちゃん」「ペット番」は、登録申請済み
ですと書いておいた。

ペット番のホームページ http://www.petban.com

サーチエンジンに登録し、リンク張れるところに宣伝文として
「飼い主様の代わりにペットちゃんをお世話いたします。」を載せた。

たぶん、これが読者の目に止まり、「ペットちゃん」という言葉に新鮮な
印象を与えたのかもしれない。

また、ペット番のお客様にも「ペットちゃん」という言葉を、初めて聞い
たわと言われた。友達にも「へえ〜、ペットちゃんねえ。このペット番も
なかなかいいね。親しみがもてそう。」とほめられた。

おおもとは今でも気に入っている言葉だ。この2つ。

それが、1年後、Googleで検索した結果が、
この「ペットちゃん」のオンパレード。ズラズラ〜リ。
なんとホームページ名とドメインにペットちゃんが使われた時は、腰を
抜かした。

怒るところか、かえって複雑な気持ちになる。沈思黙考。そっかあ。
おおもとが考えた「ペットちゃん」という便利な言葉は、みんなが好んで
使ってくれていることを考えて見れば、素晴らしいことではないか。

物は考えようで前向きに思えばどうってことないと、おおもとは考える。

おおもとが、この時代に「ペットちゃん」という言葉を生んだアカシだと
思えば、本望だ!

この言葉は、100年経っても使い続けるだろう。著作権なんていらないと
思った次第である。

ここで、おおもとは、胸を張って言います。
「ペットちゃん」の生みの親は、他ならぬこの大森もと子である。
わっははは。

凄いことだったんだ。嬉しくて嬉しくて…。自分をホメたい。

ところで、「ペットちゃん」を使ったあなたへ
この「迷子札専門店ペットメダルネット」を紹介していただけないでし
ょうか?

リンクしてくれたら、もっとウレシイ

編集・発行 グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネットhttp://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番 http://www.petban.com
お問い合わせmailto:merumaga@petmedal.net
................................................................
Copyright(C).2001
無断転載、再配信を禁じます。事前にご相談ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
配信解除はhttp://www.petmedal.net/merumaga.htmlからどうぞ。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
さて、次回のテーマは
【中型犬をお世話してわかったこと他】をお送りいたします。

ありがとうございました。