起業体験その1

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペットちゃんとありのまま記         2006/8/1  100号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昼はアブラゼミが鳴き始め、夜は涼しい風が入って来るこの頃です。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございます。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
ご愛読いただきましてありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
  【起業体験その1】        おおもと

「起業」という言葉より、普及させたい気持ちで仕事をしてきたおおもと。
産経新聞に「起業家」と書かれて、改めて起業家なのかと思った。

これまでの人生の道のり は、平凡な子供時代から成長して、波瀾万丈の半生。
生まれつき両耳が聞こえず、幼稚部は、聾学校へ母に連れられて通ったが、
小学1 年で普通の小学校へ行き、そのまま中高短大卒業。

幼少〜小学生時代は、家庭環境が犬猫鳥魚を飼っていた家に住んでいて、
工作が好きで、はさみと画用紙とのりがあれば、飽きずに何かを作っていた。
特に母が猫好きだったので、生まれたときから猫を飼っていた。

ハンディがあるため、劣等生だった高校の時、東京・女子美に憧れて、猛勉し、
かろうじて補欠合格のビリから2番目で入り、入学許可をもらった。

20歳の時、人生5大目標を立てた。
5大目標のうち、4つは叶ったが、最後の1つが今この事業で成功にかけている。
何度も転びながらようやくこの仕事が天職だと思えるようになったのはここ数年
であった。

短大で、金属工芸を学び、その中の彫金分野をさらに身につけたいと思い、
就職せず、アルバイトしながら彫金学校へ行った。

彫金学校時代は、宝石デザイナーを目指して勉強していた。
その頃、国際展に入選したり、展覧会に出品したりしていたが、ある日、
宝石という虚栄心につながるモノになんとなく嫌気を差し、卒業するまで
学んだものの、方向転換した。

20代は、会社員という仕事に魅力を感じず、長続きしなかった。
いろんな趣味に手を出し、創作三昧の生活で、今でいうビジネス感覚は
ゼロに近かった。タダの甘ちゃんでしかなかった…。

正直言って働く自信がなかった。
デパートでワゴンショップといった 素人商売をちょこっとやったり、明治公園にて
フリーマーケットに参加したり、そういったチマチマの仕事でお客様の心理と
売るセンスを少しだけ身につけていった程度。

当時は、障害者というコンプレックスもあって、やりたいけど、客商売には自信が
なく、2日だけ、4日だけの短いひとり仕事で学んだ。

絵描き、工場組み立て、印刷工場、棚卸の手伝い、封入、宛名書き、デパートの
玩具売り場など短期バイトばかりやっていた。今風でいえば、フリーター。
その頃は社会見学という感覚でいろんなバイトを経験。

電信柱に貼ってあった迷子ペット探しチラシになぜか目が離せなくて、ペット写真を
食い入るように見つめることだけは、子供の頃から続いていた。

迷子札の仕事もしたいが、何をどうやってやればいいのか、思い浮かんでは消えて
いた。
当時では、こんなビジネス感覚ゼロでは、出来っこないし、思うだけで終わっていた。

プロ店員としてやれるはずもなく、初対面のお客様には変に思われるのではないか
という後ろめたさもあった。自信もなく、障害者は表に出ない方が楽で、その方が
向いていると、周囲も家族もおおもともムリだと妙に納得していた。

社会に迷惑かけない程度で、一歩下がって生きれば、いいと思っていた。
今のように、ひとり社長として全国展開バリバリやるなんて想像もつかない小さな
人間だった。おおもとは弱い人間なのだと決めつけていた。

だから、会社員というむずかしい仕事は出来ないと思い込んでいた。
そのきっかけから、結婚して家庭を作ることだけに専念すればいいと逃げていた。
今とは大違い。これが若きおおもとだった。
ただ、性格は、周囲に言わせると「精神的に強い、真面目、努力家、個性的」

学生時代、あちこちの個展を見に行っていた。たまたま、都内で個展を開いていた
前衛工芸作家H先生に巡り会った。
その頃、心を揺さぶる衝撃と感激の日々で自発的に弟子入りをした。

次号につづく。

【PR】民族大移動シーズンの前に、ペットちゃんの迷子札もお忘れなく!!

お陰さまで、100号を迎えることができました。読者の皆様ありがとうござい
ます。涙が出るほど感謝で一杯です。最初の頃、メルマガを書くなんて
ホントに読んでくれるのかしらと緊張気味で書いたのが懐かしいです。
これからも頑張ります。

感謝の気持ちとして、あなた様に可愛いプレゼントを差し上げたいと思います。
プレゼントは、福を呼ぶ鈴です。下記のページに画像があります。
http://www.petmedal.net/huku.html
あなた様のお好きな「銀猫鈴」「金猫鈴」「銀犬鈴」「金犬鈴」1個に
ストラップ(レッド、ブラック、ブルー、レモン、ピンク)をつけて
お送りいたします。

今までのメルマガで印象に残ったこと、ためになったこと、面白かったことなど
なんでもいいのでご感想をお寄せください。出版参考資料に使わせていただきます。
おおもとを上手におだてたり、くすぐれば、可愛いプレゼントを2倍3倍にゲット
できる可能性大です。

締切りは8月8日まで。

プレゼントご希望の方は、件名:「鈴ほしい!!」
郵便番号、ご住所、氏名、年齢(10代、20代でもOK!)希望鈴とストラップ色を
明記してください。メールはこちらpet@petmedal.net

あなた様のメールを楽しみに待っています。
................................................................................
発行:グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
お問い合わせ:pet@petmedal.net
...............................................................................
Cop 無断転載、再配信を禁じます。事前にご相談ください。
.................................................................................
配信解除は  http://www.petmedal.net/merumaga.html
.................................................................................
さて、次回のテーマは
【起業体験その2】をお送りいたします。

                       ご期待ください。