ペットちゃんを留守番に頼む時

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペットちゃんとありのまま記  
2003/11/1  45号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
栗ご飯の美味しい季節となりました。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
ご購読いただきまして、ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
【ペットちゃんを留守番に頼む時】            おおもと

ペットを飼っているうちに、旅行したい、実家に帰りたい、どうしても出かけな
きゃならない用事がある時に我が子ペットをどうするか考える。

家族の誰かひとりでも、知り合いでも、家にいれば、気安く頼める。

だが、一人住まい、夫婦そろっての旅行、家族全員旅行の場合、どうするか。

頼みたい相手もいない現実問題にぶつかるとー。

おおもとのお客様で、ペットシッターを頼む前、我が子を見つめながらいろいろ
考えてから依頼メール、電話が来る。
特に初めてお留守番というのは、特にカギ問題で気が重くなる。

夫婦なら、赤の他人(シッター)を家に入れるかもめるようだ。
「家の中 何か盗まれたらどーするんだ?」
「ペットホテルのおりに入れるの可哀想よ。」

考えに考えて初めてペットシッターかペットホテルへ。最悪の場合は動物病院へ。

【ペットホテル派】
ペットホテルだと狭いおりに入れられてふだんのくつろいだ雰囲気と違う。

飼い主の本音
家の中見られる入られるよりはマシ。
だけどずっとおりの中に入れられるのは可哀想。
ペットちゃんごめんねとひたすら手を合わせて目をつぶる

→後ろ髪引かれる思いと我が子への愛情ダウン。
いわばペットちゃんからの飼い主評価低下の恐れと覚悟のスエ。

ペットちゃんの本音
ネガティブな子:「なんでェこんな所へ連れて行かれたのォ イヤダヨ。
コンナドコロ。ウチに帰りたいよ。カイヌシのバカーッ。」

ポジティブな子:「ニギヤカでオモロイ場所ヤナア。ネエネエ 
キミなんていうナマエ?アノヒトどないヤツだろう。」

【ペットシッター派】
ペットちゃんの本音
「なんでェいつものパパママ(飼い主)がいないの?どうしたんだろう。
ボク、いたずらし過ぎちゃったから棄てられた?まさか?置いていかれたん
じゃないよね。どうしてなのかなあ。帰って来ないのか…。不安だ。」

いつも飼い主がすわっているソファをじいーっと見つめたり、
その上でひとり眠る。
静か過ぎる部屋の中で、寂しさを紛らわすため、飼い主の匂いをするモノを
探し求め、部屋の中を歩き回っては休むだろうと、おおもとは想像する。

初めての飼い主
「このシッターさんにお願いしたからあとは大丈夫だろう。
でも帰って来るまでが心配。気になる。2日目位に、シッターさんへ電話を
かけてみようか。でもやめた。せっかくの旅行だから。今こうやって楽しんで
いるのだから。」

家に着く。元気なペットちゃんの姿を見てホッとする。
ペットちゃんは驚いてはしゃいで抱きついて甘えに甘える。
「さびしかったァ〜。クスン…。ウルル。」
飼い主へペロペロなめまくるのだろうとおおもとは想像する。

ネガティブなペットちゃんは、プイとゴキゲンナナメ。
顔を上げないし、逃げる。飼い主ってダレダッケ?

飼い主は急いでペット日誌報告書を読む。
読み終わった後、ペットシッターへの評価が決まる!

安心してまた頼むか、違うシッターを頼むか、ペットホテルに預けるか、
家を空けるのはあきらめるかの4タイプに分かれる。

おおもとと最初の打ち合わせする時、お客様は4つのタイプにわかれる。
疑心暗鬼で挑むか、サラリと頼むか、様子見ながら頼むか、
夫婦そろって打ち合わせするかになる。

疑心暗鬼のタイプは、依頼終了後の報告書を読んだ後、顔の表情が
パァ〜と明るくなってお礼を言ってくる。それだけ心配性なの。
日本人だもの。

おおもとはこのようなタイプが多く、前後場面をたくさん見てきた。

運良く相性のいいシッターを見つけることができたお客様は次回も
安心して頼めるようになる。次の旅行計画も楽しくなる。

ペットホテルを頼む時、詳しく聞いたり、おりの様子を見ておく。
見せない業者はやめた方がいい。

中にはいい加減な業者もいる。ペットちゃんをお預かりした後、
ダンボールに入れられ、ペットフードをパラッと入れ、
そのまま何日間も押し入れに入れっぱなしのままという話も聞く。
ひどい話だ。

<教訓>
初めて依頼する時は、人間的に信頼できる人を見極めること。
ペットちゃんの気持ちを理解できる人であること。
人柄を重視するため、本人情報(ホームページ、利用した人の声、評判、

もっと用心深いお客様は、出発一日前から留守を頼み、その時間になったら
来るかどうかじいっと遠くから確かめることもある。
毎日、仲良し近所の方に見張ってもらうことも。

あるいは、費用かかるが、部屋と玄関に隠しカメラを設け、活用することも
あるらしい。

ペットシッター、ペットホテルを利用する時、ペットちゃんの気持ちを考え、
慎重に選んでくださいね。

【PR】迷子札は命の次に大切なもの


お陰様で、弊社サイトをフリペ「TOKYO HEADLINE」127号に掲載されました。
(首都圏発行部数50万部)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
発行:グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
お問い合わせ:merumaga@petmedal.net
Copyright(C).2001-2003> 無断転載、再配信を禁じます。
事前にご相談ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、次回のテーマは
【ペットちゃん名前の話】 をお送りいたします。
 ご期待ください。