表情のきれいなペットちゃん考

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペットちゃんとありのまま記 2003/12/1  47号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
歳末大売出しの宣伝があちこちで目につく頃となりました。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
ご購読いただきまして、ありがとうございます。

お知らせ:終わりに素敵なプレゼントがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
【表情のきれいなペットちゃん考】         おおもと

仕事柄、いろんな動物 特に犬と猫を世話していると表情のきれいな子と
出会う。思わず、ハッとなる一瞬。そしてうっとりしてしまう。

ペットちゃんの表情を注意深く観察してみると特に目が一番ハッキリと出る。

人間でも顔の表情は、その日その日の積み重ねで作られる。ごまかしは
きかない。明るい表情、落ち着きのある表情、心から嬉しそうな表情は
ペットちゃんならでは目の表情がよりハッキリ物言う。

ペットちゃんはウソをつかない。ありのままの表情をしている。

表情のきれいなペットちゃんというのは、
生まれた時からしっかり愛され、しつけられて育った子。
それにその子の性格もって生まれた明るい性格。オーラのあるペットちゃん。

ペットちゃんの幼時体験がカギを握っているように思える。
これはあくまでもおおもとの独断。

たとえば、話は脱線するけど。

おおもとの現在飼っているペット 猫2匹とウサギ1匹を中心に考えてみた。
猫はウチで出生。ところが、ウサギがどこで生まれたのかはヴェールに包ま
れたまま。イギリス産であることは確かだが、イギリスで生まれたのか、
日本生まれのイギリスウサギの間で生まれたのかわからない。

おおもとが気になるのは、生まれてから新しい飼い主の手に渡るまで
どのような境遇で過ごしたかである。

ウサギの背中を、ただ1本の指をふれただけでビクッとする反応が今でも
ある。猫2匹はそれがない。

お客様の猫も、ちょっとだけふれただけでビクッと反応する猫も多い。

よくいろんなお客様の来る店先にちょこんと平気でいられるペット
ちゃんは、どんな人でも触れられてもビクッとしない。

家庭パーティで人がたくさん集まっても平気で横切るペットちゃんは
ビクッとしない。

おおもとは、このビクッとする反応について考え込んでいる。
いったん抱いてしまえば、このビクッとする反応は消えてリラックスする。
それでも、忘れた頃にまた同じ反応を起こす。
なぜだろう。ささいなトラウマかな。

この反応が、そのペットに影響を与えているせいなのか、天真爛漫な子に
なりにくいような気がする。

信頼できるブリーダーさんから我が家へ迎え入れたペットちゃんなら、
大事にされてきたはずだから、表情が明るく、天真爛漫な子が
多いような気がする。

やはり、育ちの良さが大きく影響しているのかもしれない。
人間も同じだろう。

育ちの良さを感じさせてくれる若い人、子供、ペットを見ていると
大事に育てられたんだろうなと思う。

先日、仕事柄、東京青山へ行った。青山といえば、一流ショップが
たくさんある街。洗練された都会センスのある店の中を入ってみた。

目的は、商品のディスプレイを見るため。商売上の勉強から。
それで気づいたことは、このあたりの高級なお店の売り子さんは、
必ずといっていいほど、清潔感があり、笑顔が非常に素晴らしい。
しかも歯並びもきれい。応対も丁寧。ウラオモテのない雰囲気を
持った人が多い。

かなりの応募の中から選ばれたんだろうなと感じさせる売り子さん
ばかりであった。

まとめ。おおもとは、表情のきれいな女性でいたいので、出来るだけ
明るい表情でいられるよう、驚きの表情、挨拶がスッと出る表情に
なるよう、顔の運動もしている。可笑しい?

表情のきれいなペットちゃんを見るとつられて明るい表情を
ペットちゃんに投げかけるおおもとである。

結論。顔の表情は自分が作った正直な成績だと思う。

【PR】しっかりした飼い主のあなたこそ迷子札は愛の必需品

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
発行:グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Copyright(C).2001-2003> 無断転載、再配信を禁じます。
事前にご相談ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
さて、次回のテーマは
【印象に残ったお客様の話1】 をお送りいたします。
 ご期待ください。