かみつく犬の話その1

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ペットちゃんとありのまま記 2004/3/15  54号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だんだん暖かくなって来ました。卒業シーズンです。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
ご購読いただきまして、ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
 【かみつく犬の話その1】        おおもと

前回の続きで、Aさんのかみつく犬の話。
その犬は、MIXで14歳男の子。カミちゃんとしよう。

カルテのやりとりを終え、Aさんは、犬小屋へ案内してくれた。
「おい!カミ。シッターさんのお世話になるんだぞ!」
「(ん!?ウ〜ッ!ウ〜ッ!)」歯をむき出して、おおもとに向かって唸る。
「…。(戦戦恐恐…。)…。」

「こら!」ポカンとAさんは、カミちゃんのからだをたたきつけた。
「キャイン!」
「まあまあ、そんなになさらなくても…。」とおおもとは建前をよそう。

この時、初対面の新米おおもとにどうして唸るのか理解出来なかった。
今まで飼っていた犬でかみつくことはなかったなあと思いながらカミちゃんに
挨拶をした。

「カミちゃん、よろしくね。お散歩に連れて行ってあげるからね。」
と威勢の良いフリをしてカミちゃんと向き合った。

「Aさん、中へ入ってお待ちいただけませんか?お留守の状態にして
お散歩に連れて行く練習をさせてください。」

「はい。お願いします。
カミが唸ったり、悪いことをしたらたたいていいからね。」と何度も何度も
お願いされた。

初めて第1号の犬のお世話開始である!
何もかも初めてなので、どうしていいかわからず、エイヤッ持ち前の度胸で、
カミちゃんに向かって話しかけた。

「カミちゃん、怖がることはないからねッ。お散歩に連れてってあげるからッ。」
カミちゃんよりおおもとが上だゾ!と気合をピーンと張り詰めてあの手この手と
必死作戦を繰り広げた。中で心配そうに見ているであろうAさん。

当時、カミちゃんの首輪にリードをつけるのに苦労した。
小屋についているコードを高々に持ち上げ、カミちゃんの首輪をいかに
つかむか集中した。カミちゃんにとって首輪を握られることが怖いのだ。

不慣れなシッターの悲しさよ。首輪にリードをつける段取りがヘタクソ。
おおもとの手際の悪さでモタモタ。その間、カミちゃんは恐怖心で唸りっぱなしィ。
「わかっているわよ。じっとして!練習してるんだから!」
カミちゃんだって必死で「ウ〜ッ!ウッ!(ヘタクソ知ったーッ)」

やっとの思いで、リードにつなげた時は、おおもととカミちゃんはホッとして
散歩へ連れ出すことに成功。

次は、カミちゃんが他の犬に向かって「ウ〜ッ!ウッ」
えッ、なんでよその犬に向かって唸るの?初めてでびっくり。
えッ、電信柱にも気に入らない匂いでもあるのかしらん。

さて、家に戻る時もこれまた大変だった。
リードをはずして小屋のコードにつなげるのに骨折れた。
無事にコードにつなげたと確認したあと、手をパッと離すと同時に
かみつくしぐさをした。

やれやれ。これが1回目の練習だった。

2回目の練習を2時間後に再開。この時までに、本屋さんへ行って
かみつく犬の対処法など目を通しておいた。結局は役にたたずじまい。

2回目は、最初の経験が生きるから、ゆとりが違う。だが、油断してしまった。

散歩から帰ったあと、カミちゃんの首輪をしっかり握れば、良かったが、
手がすべって首輪を離したスキに、ガブリ!!ああ、血がタラタラ。

犬にガブリとやられば、こっちの負け。首輪をしっかり握っていれば、勝ちという
ことを知る。

仕事の厳しさにうろたえ、おおもとの甘さ。経験のなさ。自己否定にさらされた。
「♪泣ァくの歩くの死んじゃうのォ〜あんなたなああらああ。♪」古い歌…。

泣くわけないじゃん。なんせ20万も払った資格をフイにするのは、おおもとに
とって許しがたい。

それでもペットシッターやるわよ。かみつく犬の経験を積んでおけば、次回の
問題犬にもきっと役に立つ。先憂後楽よ。

話はまだ続くが、長いので、次回もこの犬の話の続きを書く。


【PR】迷子札はペットちゃんの大切なアドレス。

あなたに質問していいですか?
あなたの1番好きな動物を教えてください。
はい、この動物ですね。わかりました。

では、2番目に好きな動物を教えてください。
うんうん、そうですか?

じゃ3番目に好きな動物を教えてください。
なんでェ?いいからいいから(笑)
3番目に好きな動物は?

あ、これね。

いいですか?

いいですね。

1番最初の動物は自分から見た自分の姿です。
2番目の動物は相手から見た自分の姿です。
3番目の動物は周囲から見た自分の姿です。

当たっていませんか?

で、おおもとの場合は、こうなりました。
1番 キリン 2番 猫  3番 ライオン

なんとなく、1人ビジネスらしいかなと思っています。
いかが?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
発行:グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Copyright(C).2001-2004> 無断転載、再配信を禁じます。
事前にご相談ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、次回のテーマは
【かみつく犬の話その2】 をお送りいたします。
 ご期待ください。