猫飼い主の条件

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ペットちゃんとありのまま記  2004/5/1  57号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鯉のぼりが気持ち良さそうにたなびくこの頃です。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
お読みいただきまして、ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
 【猫飼い主の条件】           おおもと

猫を飼うこと。
その意味は、猫が飼い主の分身になる。

飼い主の子供、家来、友達、家族、
キャットファザー、キャットマザーでもある。

人間の子供と同じ位、可愛いし、
愛猫のつぶらな瞳は、飼い主の心と同じ位、大切な心の窓。

猫の名前を呼ぶと、
「なあ〜にィ?」としっぽで軽く返事をするひととき。

さらに名前を呼ぶと、飼い主の顔を見つめながら、
ジブンの名前が呼ばれているのがわかると、
目をいったん細める猫。

この一瞬が猫にとって安らぐ。いい顔している猫。幸せな猫。

その安らぐ姿を見つめる飼い主もつられて目を細めるマネをする。
気持ちも丸くなるから精神衛生にいい。

猫が、からだをなめている姿を見れば、飼い主も髪の毛をとかしている
気分、お風呂でからだを洗っている気分になるだろう。

日頃、イヤな事があっても、
物言わぬ猫と一緒になると言葉なんて不要だ。
お互いの気持ちがツウウ、ツウウと伝わるから。

ふだん何気ない毎日の中で、繰り返される生活場面、
猫が気になる、飼い主が気になる存在であればこそ、
飼い主の猫なのである。

愛された猫は、とても幸せな気分。いい気分だからこそ、
安らぐ笑顔が飼い主の心に投影して、なんとなくニコニコする。

そう。猫の気持ちと飼い主の気持ちが一体感であれば、
お互いに、愛し、愛される関係になる。癒される。
癒されるから、気持ちが丸くなる。

猫が病気になった時、飼い主もまた、心のどこかに同じ痛みを伴い、
心配し続ける。

猫が元気になれば、飼い主もまた元気になれる。

「猫の幸せな気持ち=飼い主の幸せな気持ち」が本当の飼い主の条件。

猫だって、
猫の気持ちをわかってくれる飼い主が一番いいに決まっている。

ベタベタ甘ったれ猫とは違う意味で、
いつでも落ち着ける家庭環境であればこそである。

猫がお腹すいた、ごはんが食べたいといえば、サッとごはんを
出してくれる飼い主もまた、猫と同じ気持ちでいるものだ。

面白い心理がある。
猫が楽しそうに見える時は、飼い主も楽しい気分でいる。
猫が淋しそうに見える時は、飼い主も淋しがり屋である。
猫がいさましく戦う姿に映る時は、飼い主も人生と戦っているものだ。

もう一回言うね。
「猫の幸せな気持ち=飼い主の幸せな気持ち」が本当の飼い主の条件。

余談だが、
「ひとりで仕事をしていて淋しくない?」と聞く人は、生来淋しがり屋。
「楽しい仕事をしているね。面白い仕事だね。」と聞く人は、ふだんから
楽しくかつ面白い仕事をしている人である。

相手がどんな言葉を投げかけるかによってその人の性格が
わかろうものである。

このメルマガを書くおおもとの考えていること、言ったことは、
読者様にはすでにご存知だと思う。
おおもとの長所短所、ちょっとずれのある性格だしィ、
ありのままなのだから。いいじゃない。

ただ、度胸があるかないかだと思うの。
おおもとだって最初っから度胸があったわけないじゃん。

あ、ごめん。脱線した。

【PR】猫の気持ちをわかってくれるなら「迷子札ニャン!」


GWは、ペットシッターの仕事で、1年中で3番目に忙しい時期。
楽しく活動中!

発行: グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
お問い合わせ:merumaga@petmedal.net
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
事前にご相談ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、次回のテーマは
【ペットのごはんの量】 をお送りいたします。
ご期待ください。