迷子体験からこの仕事に

v v
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ペットちゃんとありのまま記   2002/3/15  6号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うららかな春の日差しを受けて、たんぽぽが咲き始めました。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
お読みいただきまして、ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
 【迷子体験からこの仕事に】      おおもと    

おおもとが、小学高学年の頃の迷子体験を披露する。
古い話で恐縮だが。

今でも、そのMIXトラ猫のことを忘れることは出来ない。
その猫の名は、男の子なのに、「ブウ子」という変な名前だった。
そんなに太っていないのに、ブタに似ていないのに、
家族の誰がつけたのかは知らない。

子供だったおおもとは、
違和感を感じずに、「ブウ子、ブウ子」と呼んで可愛がった。

ゴールデンウィークの5月初め、ブウ子は、忽然と帰って
来なくなった。

3日、1週間、10日と過ぎても帰って来なかった。
交通事故でもあったのだろうか。誰かが、いたずらをして、川へ
放り投げたのだろうか。

考えれば考える程、想像たくましく次から次へと心配し続ける。

おおもとは、子供なりに泣き続けた。
「ブウ子よ。帰ってきてよぉう。ブウ子!ブウ子!」
何度枕を濡らしたことか。
毎日のように可愛がっていたブウ子が突然いなくなるなんて。

1ヶ月、2ヶ月。
我が家は、つい、ブウ子のことはあきらめることにした。
もうどこかで死んだに違いない。

家族会議で、新しい猫を飼うことに決め、MIX猫の女の子
「チャコ」がやって来た。

子猫だから、そりゃもう可愛くて可愛くて。
おおもとは、夢中になり、ブウ子のことは忘れた。

ブウ子の愛用していたザブトンに、チャコがグッスリ寝ていて
愛らしかった。
こうしてチャコは家族当然のように、すっかりおとなになった。

その年暮れ、我が家も大掃除で忙しかった。
父が庭で、ブウ子を偶然見かけたぞという話に、家族は
半信半疑だった。
「本当か。よその猫と違うんじゃないだろうね。」
「本当にブウ子なんだね」と念を押した。「ほんとうだってば!」

つい、幻のブウ子を庭で見た!
「ブ、ブウ子!…ブウ子。」おおもとは声をかけた。感極まった。
涙があふれそうになった。

ブウ子はおおもとの声を聞き、なつかしそうにおおもとを見つめては、
顔をそらした。しかし、おおもとをまっすぐ見ていたブウ子。
近づけば、逃げてしまった。だが、遠くへは行かない。

ブウ子にしてみれば、家族に迷惑をかけた後ろめたさもあっただろう。
いろんな葛藤があっただろう。
迷いに迷ってやっと我が家に辿り着けたのだろう。

7ヶ月も家出したわけで、少し、やせていたが、元気だった。

(注:あなたのペットちゃんが迷子、家出されたとしても、
半年、1年でも生きて戻ってくることありうるのだ。

興奮気味の猫好きの母は、娘のおおもとに、ブウ子のために、
魚屋へ行ってアジを買って来てくれと頼まれ、買い出しに行った。

その晩、台所の勝手口の内側の下に、ブウ子の好物であるアジを
置いた。その匂いで誘導させるため、真っ暗にし、家族全員がそうっと
外へ出た。

ブウ子が中に入ったのを確かめて、母はバタンと勝手口の扉を閉めた。
「入った。入った。」成功。家族は大喜び。

ブウ子は、後ろからバタンと閉められ、逃げるにも逃げられず、アジの
おいしさに負け、夢中になって食べていたようだった。

「年が明ける前に、けじめをつけて帰って来たのだろう。」と父は、
笑いながら、ブウ子を見つめた。
チャコは、「何このオジさん猫、誰なの?」とびっくりしていた。

ブウ子は、すでに家族当然のように飼っているチャコに、申し訳なそうに、
ザブトンの脇で寝ていた。

ブウ子は、二度と馬鹿なマネはするまいと、おとなしくチャコと一緒に
平和に暮らし、生涯を閉じたのでした。

この時の迷子体験が原点で、迷子札が絶対必要だと思い続けてきた。

しかし、売られている迷子札が、イマイチで、カッコ良くなくて不満だった。
自分で、実際に店舗をかかえても、売れる自信はなかった…。

3年前に、我が家にやっとパソコンが入り、インターネットを初めて見た。
「すごーい。このホームページってどうやって作るんだろう。」
おおもとは、この作り方に興味を持ち、勉強をした。

学んで行くうちに、ネットビジネスで、「迷子札専門店」を思いついた。
これなら、やれる。これなら、誰にも負けない。夢は広がり、頑張った。
アイデアが次から次へと浮かび、コツコツ作り、1年はかかった。

おおもとの夢は、全国津々浦々に迷子札を普及させることである。
少しでも、社会に役立てて行こうと心に決めた。

誰もが欲しがるような魅力のある商品作りに励むようメーカーとして
努力していきたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【PR】迷子札をつけると、なぜかワンランク上に見えるワン!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トップページをリニューアル制作中!
前回登場したウサギもフィービーも載ります。
発行: グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
お問い合わせ:merumaga@petmedal.net
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Copyright(C).2001-2002> 無断転載、再配信を禁じます。
事前にご相談ください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
さて次回のテーマは
【犬のしぐさについて】をお送りいたします。

 ご期待ください。