迷子札サイトが
出来るまでの道のり 上

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペットちゃんとありのまま記      2004/12/15  72号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
街のイルミネーションがキラキラと輝く素敵なこの頃です。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
ご愛読いただきましてありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
【迷子札サイトが出来るまでの道のり 上】   おおもと

おおもとが初めてキーボードをさわったのは、今から7年前。
当時は、ワープロが主流で、インターネットはまだ夜明け前だった。
その頃は、マスコミで「インターネット!インターネット!」と騒いでいた。

当時は、パートで、東京銀座地下食料品売り場で働いていた。子供も育ち
盛りで、教育費、税金など大変で、1999年春、電機会社へ転職した。

そこは、パソコンだらけの会社に目を見張り、「これからは、キーボードが出来な
いとダメだ。」と思った。会社へ勤め始めた時から、近所のパソコンスクールへ
行き、ワード、エクセルを学んだ。まわりの若い人達の飲み込みが早いこと。

40代のおおもとは若い人のことを気にせず、マイペースで同じ言葉を
「チョ、コ、レ、−、ト」「コ、ン、ピュ、−、タ」と声を出しながら、
50回も10本の指を使ってキーボード練習に会社でも家でも続けた。

1分間で120文字打てるようになるまで3ヶ月要した。ようやく、画面を
見るだけで打てるようになり、満足出来るまで上達した。

1999年に、ワード検定3級、エクセル検定3級、漢字検定3級、そして、
ペットシッターライセンス取得した。

初めて我が家にパソコンをやっとの思いで手に入れたのもこの年。
しかし、接続の難しさに娘と一緒に格闘し、泣いては、東京秋葉原の店へ
何度も往復しながら、2ヶ月かかって単独で接続に成功。

娘と一緒に万歳万歳したものだ。主人は病気で入院していた。

なぜ、プロに頼まなかったかといえば、いざという時に自分で解決しないと前へ
進めないから。どうやったら、スムーズに行くのか学ぶことも大事だった。
1999年当時は今ほどサービスが良くなくて電話で聞いてもチンプンカンプン。
パソコンを買った店で、何度も相談し、会って話を聞いた方がわかりやすかった。

こうして初めて我が家でインターネットを見た。
「わあ、スゴーイ!カッコいいなあ。どうやってホームページを作るんだろう。」
おおもとはいてもたってもいられなくなり、ホームページ作成をやりたくて、
会社の帰りに、東京最先端シブヤのホームページスクールへ通い始めた。
ホームページの仕事もいいなあと軽く考えていた。数年後こうなると思わずに。

しかし、若い人ばかりでいっぱい。一応学んだけどそれでもチンプンカンプン。

授業最後の日に若くてカッコいい先生に泣きついて文句を言い、お願いをした。
「家庭教師を紹介してよォ!」と頼み、1ヵ月後、我が家に若い家庭教師が
来てくれることになった。ロイド先生である。もちろん15歳下のなかなか
やり手で若くてきれいな女性。 

---ロイド先生!このメルマガ読んでる?今どこにいるの?アメリカに住んで
いるの?お返事ください。--- 

今度は1対1で教わったので、復習がスムーズに行き、やっとの思いで、
2000年11月に「ペット番」のホームページが完成した。初のデビュー。
今見ても 素人臭いが、当時は、たいーへんだった。
パソコン用語なんて聞いて理解するまで時間がかかった。

途中で何度もパソコンにむかって「なんでエ。動いてくれないの。もうイヤッ。」
と何度も叫んでは繰り返した。参考書を何度も床に叩き続けたことか。

頭をかきかき、ひとりでプイと外へ出て、わかりやすいPC本を探す本屋にいたり。
時にはフリーズしたり、保存するのを忘れて何時間もかけて作ったのが一瞬で
消えたり。それでもあきらめなかった。夢があった。今は辛抱の時。
ひたすらひたすら。水面下でコツコツ。努力が実る時が来ることを信じて。

「メモ帳」と聞いて文房具売り場にあるコクヨのメモ帳しか思い浮かべないし、
「ファイル」と聞いて大きさも含めて理解するのに1ヶ月はかかった。
文房具ファイルという固定観念を壊すまで時間を要した。若い人が聞けば笑い話。
「アクセサリー」と聞いて胸元に飾るチェーンやブローチしか思い浮かべない。

ロイド先生は必死で手振りで、図を描くなり、教えてくれた。
「大森さんの年齢で、メールが出来る人っているの?」
「いない。PCでメールが出来る人いない。」
「でしょッ!珍しいんだもん。スゴイよ。このひとは。これから先楽しみにしている」
と笑いながら教えてくれた。
「そうよ。そのうちにアッと言わせる時が来るよ。期待してていいよ。」とおおもと。

そうこうしているうちにロイド先生は、出産のため家庭教師はしばらくお休みした。
その間に、次の「迷子札ホームページ」を考えながら、単独で作り始めた。

話は長くなったので、次回へ続くことにしよう。これも涙の連続であった。


【PR】ペットちゃんのクリスマスプレゼントに迷子札をどうぞ。

会社を退職して1年経ちました。もう、戻りたくないですわ。
刺激の多い1年で、ずいぶんたくさんの出会いがありました。ますます張り切る
おおもと。来年に向けてさらに頑張ります。あなたも一緒に頑張ろう。

.................................................................
発行:グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
お問い合わせ:pet@petmedal.net
................................................................
Copyright(C).2001-2004 GOOD BUSINESS
無断転載、再配信を禁じます。事前にご相談ください。
.................................................................
さて、次回のテーマは
【迷子札サイトが出来るまでの道のり 下】をお送りいたします。
ご期待ください。