迷子札サイトが
出来るまでの道のり 下

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペットちゃんとありのまま記      2005/1/1  73号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまでこのメルマガも3年目にはいりました。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございました。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
ご愛読いただきましてありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
【迷子札サイトが出来るまでの道のり 下】   おおもと

前回の続きで、ペット番のサイトが完成するにつれて迷子札サイトのイメージ
が浮かんできた。20代の頃から商品化にしたかった迷子札である。

買ったばかりのPCでネットサーフィンを見た。
「検索」という便利なサイトがあるのを知り、驚きの連続だったので、はまった。
知りたい情報が画面にパッと出るじゃん。それも画像つきでわかりやすい。
カラーなので(当たり前?)きれいで素敵。

検索で、迷子札を検索してみた。おおもとが思うようなカッコいい迷子札が
見当たらないので目をつけた。さらに「専門店」という言葉を他サイトに使われた
あとがないか調べた。「V!ようしッ。勝負はこれからだ!」

おおもとは、V!と思った瞬間、「迷子札専門店」をいちはやく、サイトの
トップにつけた。すべて先手先手が大事。結婚相手も先手先手よ。ビジネスも
先手先手が勝負。ここまでやらないと勝てない。

「ペットメダル」も。英語圏サイトも検索し、見当たらなかった。世界中
探してもない言葉。こうして「迷子札専門店petmedal.net」が生まれた。

PCが入ったその日から生活が変わった。PCに向かっている時間が増えた。
テレビを見る時間が減った。受動から能動に変わる。受信から発信へ。
考え方も変わる。今までなかったネットの世界に触れ、いろんなことを知る。

「こんな迷子札がほしかった」と喜んでもらえるような商品作りに夢中になった。
家、会社、通勤途中、副業、ふとんの中でも1ページ1ページ考えてはメモを
取るなり、コピー裏紙に書いては入力、書いては入力と続けていた。
これに夢中になっている間は嫌なことも忘れるし、少しずつ完成していくのを
見るとワクワク感が高まってきた。

あの時、ホームページスクールで学び、さらに家庭教師を頼んで、必死に勉強
したことが今、楽々にこなせる。どこが具合が悪いのか、なんとなくわかる
レベル、出来ないイライラがなくなるまで上達したし、メルマガの更新ページも
楽々作れてアップロードする。いちいちプロに頼んだらお金がかかって勝負に
ならない。

きれいなサイトだから売れるわけではなく、熱意が伝わるかどうかが大事だから。

この迷子札サイトが出来上がるまで、1年かかった。家族から「いつになったら
完成するの?」とずいぶん言われたが耐えた。いつになっても完成しないので、
最後はイヤミを言われたものだ。

時々、ひとり悔し涙を家族に見られてはシーンと気を使ってくれていた。
それだけ、家族の期待も大きかった。

2年位前は、ウェブマスターというカッコいい言葉が出てきた。
言葉はカッコいいけど、実際は大変で勉強しなきゃならないことがたくさん
あった。

通販表示の仕方、CGIを使った買い物カゴ、コンピュータウイルス対策、
デジカメの使い方、きれいな画像、わかりやすい説明文、注文ページ、自己紹介
など考えることがたくさんあり過ぎて、手探りの連続だった。

何もないところからひとりで考えに考えて作ったから、デザインも色彩も
レイアウトも画像も商品も注文ページも右上のシンボルマークも全部1から作った。
イメージスケッチをしたデザインを家に帰ってから入力し、コツコツと続けた。

迷子札300種類と決めた時から、もう大変な作業であった。心の中でよせばいいの
に、頑張る悲哀さと夢と思うようにいかない苛立ちといろんな葛藤があった。

入社当時、総務課長から「仕事の空いた時間は自分の好きな勉強をしていいよ。」
とニコニコしながら話しかけられたのを覚えている。
「ほんとに好きな勉強をしていいんですね。」と念を押した。
(内心 シメシメ。能ある鷹は爪を隠すというもんね。)

会社の仕事内容は、嘱託社員だったので、郵便物仕分け、各課へ配達、コピー取り、
宅急便受付、社内報の仕分け、その他まあ、ショムニのような仕事である。
会社の仕事を最優先に、改善提案シート提出も積極的に、同僚の仕事がしやすいように
気を配った。

おおもとの経歴はこうである。部課長の経験がない。
ヒラ社員(20代それも半年だけ)→パート(30代8年)→嘱託社員(40代4年強)
→いきなり代表!

昨年7月産経新聞掲載で会社が大騒ぎしたのも想像出来るでしょ。
おおもとの顔は会社中、知れ渡っていた。

今の迷子札サイトは3年前で古い。今年こそ、新しいトップページを考えている。
もっとわかりやすく改善するよう頑張る!次から次へと新しい商品もすでに考えてある。

迷子札サイトがOPENした頃は検索サイト3500サイトだったのが、
今は、46500サイト中トップを維持している。すでにインターネットでは知名度
ナンバーワンである。ほほほ。ひとりで作った涙の結晶サイトなのよ。

それでもおおもとは今のサイトに満足していない。改善しなきゃならない部分が
たくさんあるし、時間があればやるつもりだ。

サイトを作って良かった。あきらめなかったことが自信につながるし、夢だったこの
仕事が楽しくて仕方がない。この仕事から次の仕事へ展開のきっかけとなった話は、
またあとで書くね。

【PR】プレゼント上手なら小さくて可愛い迷子札がおすすめです。

メルマガを書き続けてここまで頑張れるとは思わなかった。
5,6号続けばいいかなと思った以上に73号も続けることが出来たのは、
読者様のおかげです。励みになります。ありがとうございます。
.................................................................
発行:グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
お問い合わせ:pet@petmedal.net
.................................................................
Copyright(C).2001-2005 GOOD BUSINESS
無断転載、再配信を禁じます。事前にご相談ください。
.................................................................
さて、次回のテーマは
【ペットシッターを頼む理由】をお送りいたします。

                      ご期待ください。