臆病な犬

vv
◎◎○。。。...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペットちゃんとありのまま記         2006/6/1  96号
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雨にめげないドクダミの花々が、より白くより強くさわやかに咲き始めました。

初めての方へ
登録お申し込みいただきまして、ありがとうございます。
どうかよろしくお願いいたします。

おなじみの方へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のテーマ
【臆病な犬】       おおもと

シッターを長く経験すると、臆病な犬のタイプがだんだんはっきりしてきた。
知らない人が庭に入ってくると植込みの陰に隠れたりする。人見知りする犬や、
飲食店の狛犬の置物を見ると「ギクリ!!」とする犬や、黒い服を着た男性が来ると
あとずさりする犬もいた。

お散歩テストで、どの位臆病か知る。リードの引っ張りの強い犬は臆病でない方が
多いような気がする。臆病な犬は、びっくりさせられることが嫌い。

散歩が嫌いなワンちゃんもその傾向が強いし、いつでも無難な場所にいたいため、
内弁慶タイプになる。

こういった犬に遭遇すると、やはり、ワンちゃんも小さい時の環境の影響が大きい
ような気がする。子犬の時に、いろんな体験をさせるといろんなことが学べるし、
多くの失敗が身につく。失敗はいい体験になる。

最近、テレビでやっていたのだが、一人住まいの若い女性が飼い始めた小型犬は、
そばに男性がいると怖がるタイプだった。

訓練士がその小型犬を連れて男性ばかりの駅周辺で散歩させていた。
小型犬は、最初怯えていたが、しだいに男性はすべて怖い存在ではないという
ことを学びはじめ、臆病な性格をクリアした。

また、高いところが苦手な子犬には、公園の滑り台の上に上がらせておいたが、
足が震えていた。なでながら「大丈夫だよ。」とスキンシップをしながら、最初は
5分だけ、次は10分としだいに時間をのばし、高所恐怖心を克服した。

水の嫌いなワンちゃんは、お風呂場で浅い水に慣れさせる。飼い主も一緒に入って
励ましながらやっていた。これは、子犬の時が一番。

「ホラ、こわくないよ。飼い主といっしょだよ。」と楽しそうにやるのだ。
飼い主がリラックスしているところをしっかり見せながら慣れさせる。
慣れたら、噴水のあるところ、浅い川辺、海辺へ連れて行こう。水に戯れる楽し
さを知れば、クリア。

誰だって初めてのことは、コワイ。ワンちゃんだってコワイ。
やったことのないこと見たこともないこと、いきなりデキルわけがないじゃん!
訓練士は、子犬にたくさん体験させることが大事だという。3ヶ月が勝負だ
という。どれだけ体験させるか飼い主しだい。シッターはそれを知っている。

子犬は、最初、「自分は犬なのだ」と認識させるのも他の犬を見るのも大事。
ふだんから車に乗るのも小さいうちなら。キャリーバッグに入れていろんな
ところへ連れて行きたい。

「キャリーバッグ→病院→注射!」というイメージを植えつけないように気を
つけたい。バッグを見せれば逃げるようだと、それしかイメージしか浮かべな
いため、どうしても臆病になる。
キャリーバッグを見せると輝かせるようにこちらから働きかけよう。

車に乗るのも慣れさせたい。最初はエンジン止めた状態で乗せて車の中の感覚
を覚えさせた後、エンジンをかけてその音に慣れ、次は走らせる体験を積む。
走ると飼い主が楽しそうに見せる。こういった体験を子犬の時に慣れさせれば
臆病にならなくて済むようになる。

おおもとは仕事上、運転しているのだが、他車の窓から、犬が少し顔を出し、
気持ち良さそうに外を眺めているのを見かけると思わずクスッと笑ってしまう。

病院以外のところ、公園、ドッグラン、川辺、山登り、海辺、ドッグカフェ、
しつけ教室、イベント会場など、出来るだけ連れて行きたい。
大きな犬、ちいさな犬、狡猾な犬、やさしそうな犬など、できるだけ刺激を
与えておくと、落ち着きも違う。

音の世界も慣れさせる。激しい雨、雷の音、川のせせらぎの音、交差点の音、
駅のざわめき、電車の走る音、小学校運動会の声援、お祭りワッショイ、太鼓
の音など、ふだん過ごす場所と全然違う場所をいくつかを慣れさせたい。
特に雷の嫌いなワンちゃんが多い。

人間の子供と同じで、外の世界の空気をたくさん知っている子とそうでない子の
差は、なんといっても体験が物言う。
どれだけ気づいているか。どれだけ考えられるか。どれだけ知ったか。どれだけ
動いたか。どれだけ身についたか。どれだけ思いやれたか。どれだけ役立ったか。

臆病な犬にならないために体験は大切なのである。

【PR】迷子札は、三位一体です。ペットちゃん+飼い主+第三者=迷子札

迷子札事業を独立して1年半。慣れない初仕事の連続で、てんてこまい、休みナシ
の毎日。経営者のつらさ、しんどさ、泣きたくなるようなこともいっぱい味わいな
がらも、喜ぶお客様が増えに増えていいことばかりです。やる気満々。
......................................................................................
発行:グッドビジネス 大森もと子
迷子札専門店ペットメダルネット:http://www.petmedal.net
松戸ペットシッターペット番:http://www.petban.com
お問い合わせ:pet@petmedal.net
......................................................................................
Copyright(C).2001-2006 GOOD BUSINESS
無断転載、再配信を禁じます。事前にご相談ください。
......................................................................................
さて、次回のテーマは
【カラスってこうなんだ!】をお送りいたします。
ご期待ください。